五十肩

肩関節が炎症を起こして痛みや可動域制限などが生じる疾患であり、正式名称は肩関節周囲炎です。肩こりとは異なるため放置せず、早めに治療を受けるのが最善です。50代に多く発症することから五十肩と呼ばれます。

新着ページ